読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

厚切りジェイソンが日本の四季に言及したことについて思うこと。

エッセイ

民族的な誇りのこびりついた人間には誇るに足る個人としての特性が不足しているのだ。…何一つ誇りとすべきもののない憐れむべき愚者は、たまたま自分の属する民族を誇りとするという最後の手段を命の綱と頼むのである(ショーペンハウアー

 

先日、タレントの厚切りジェイソンさんが日本の四季について怒りを爆発させている旨の記事を見た。

www.huffingtonpost.jp

 

 彼の主張をまとめると

  • 四季は日本以外の国にも存在するのに日本だけ特別視するのはおかしい
  • さらにそれに同調しないと非難される空気が形成され不快である

 ということだ。

 二点目は置いておくとして(こういう国民性なんですすいませんとしかいえない気がする)、今日は一点目について考えてみたい。確かに彼の母国であるアメリカにも季節の移り変わりがあるだろう。自然の壮大さという点においては日本は足元にも及ばない。先日友人を近所の滝に連れて行った。その滝は地元ではちょっとした名所であるが、迫力という点では大したことはない。日本らしい自然の中にうまく溶け込んだ趣のある滝である。また、間の悪いことにその友人はアメリカ旅行帰りでナイアガラの滝を観光したばかりであって、私が滝を紹介すると伝えていたので大変拍子抜けした様子であった。

 日本の四季とアメリカの四季は同じであろうか。例えば春といえば桜だが、アメリカでも桜を見ることができる。しかし、アメリカのそれと日本のそれとでは趣が違うだろう。自由の女神を背景にみる桜(そんなものがあるかはともかく)と吉野山の桜を想像してみてほしい。結局日本の桜の良さというのは日本という風土に溶け込んでいて初めて感じられることが分かる。「アメリカの風土に溶け込んだ桜は悪いのか」という反論があるかもしれないがそうではない。日本の風土に溶け込んだ桜に趣を感じられるのは日本人、いや、皮膚感覚で日本文化を味わっているものだけなのである。元来日本人は日本の四季の移り変わりに敏感な人種であった。それを和歌、文学、芸術の形で表現することに歓びを覚える種族であった。そのような感性が直接教えられることなく、まるで遺伝子に刻まれているかのように今の私たちに受け継がれている。だから日本の四季がいいというのは、春はあけぼの、夏は夜、秋は夕暮れ、冬はつとめて(早朝)に心の底からをかしを感じる人でないとわからないことなのである。先ほど春は桜といったが、春から即座に桜を連想できるのも日本人の感性によるものだ。

 つまり、日本の四季がよいという主張は、長い歴史より受け継がれてきた日本人の感性から見て、日本に溶け込んだ自然の移り変わりが趣深いということに他ならないのである。四季そのものではなくそれををかしと思える感性が誇らしいのである。だからアメリカにも四季があるというのは的外れと言わざるを得ない。このような事情を厚切りさん(というより外国人)はご存知ではないからこのように説明するのがいいと思う。いや、説明してほしかった。

 厚切りさんといえば、だいぶ前「王に点を付けると玉(ball)になるのホワイジャパニーズピーポー!!」的なことをいっていて周りのタレントも苦笑いしていた場面をテレビでみた。苦笑いで終わるのではなく一言、「玉はもともと宝を意味してたんだよ。丸い水晶は貴重だったからね。宝はウの部分が家を、玉の部分がそういった貴重なものを意味してるんだよ」といってあげればよかったのにと残念な気持ちがした。

 ナショナリズムはあまり好きではないが、日本の歴史、文化、そしてこのような感性は誇るべきものだと思う。しかし、ただ誇って終わらせるのではなく、異文化から来た人にその拠り所を教え、一緒に味わうことこそ誇らしい伝統を遺してくれた先祖に対するはなむけだと思う。

 ちなみに私はナイアガラへは行ったことはないが件の近所の滝は大好きである。特に紅葉を背景にみるそれは実にいい。