読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済学とは何か~オイコノミアに為替の話が出てこない理由~

経済学

 毎年多くの高校生が経済学部へ入学してくるが、きっと彼らの胸中には「経済学とはどのような学問なんなんだろう!!」と期待が膨らんでいるに違いない。さて、四年後、多くの経済学部卒業生の胸中には「経済学部とはどのような学問だったのだろう」という思いが去来するに違いない。彼らが勉強をさぼっていたとかそういうことではなく、ここには理由がある。ここではその理由について整理していきたいと思う。

 まず、一般的に考えられている経済学と大学で学ぶ経済学には微妙なギャップが存在することが理由に挙げられる。あなたは経済学と聞いて何を思い浮かべるだろうか。たいていの人は「為替、円高、失業、景気、求人」などの言葉を上げるだろう。確かにこれらを研究することは立派な経済学だ。経済学の王道とも言ってよい。だが実は学問としての経済学のカバーする範囲は上記のものをはるかに凌駕するのである。上記の研究は基本的にはマクロ経済学に分類される。しかし、マクロ経済学の根底にはミクロ経済学の考え方が存在する。そしてミクロ経済学では人の行動を研究するのである。消費者の行動、生産者の行動、市場での行動、さらに生産消費に関わらない人々の行動をゲーム理論の枠組みで考察する。繰り返すが、人々の行動を研究する学問である。誤解を恐れずに言えば、世間一般に思われている経済学とは狭義の経済学であり、大学で勉強するのは広義の経済学である。だから、ギャップがあるというのは不正確で、一般的観念で言うところの経済学は一領域に過ぎないのである。この狭義の経済学の固定観念に囚われるあまり経済学の実像を見誤ってしまうというのが第一の理由だと思う。

 第二の理由も固定観念であるが、高校で習う公民と経済学とにギャップが存在することである。高校の社会と聞けば暗記のイメージがつきまとう。例えば何年にプラザ合意があってその結果どうなったのか、云々。しかし経済学ではそのような事象の暗記を強いられることは稀である(もちろんないというわけではないが)。では具体的に経済学では何をするかという話であるが、人々の行動を数値化したうえで数学という道具を拝借して疑問の余地を許さない論理によって真理に到達することが主な目的である。つまり、応用数学の一分野なのである。経済学とは数学(の一分野)なのである。もちろんこのようなことを入学当初知るわけもない新入生は最初の授業から肝を抜かれるのだと思う。

 最後に経済学の領域がかなりぼやけていることが理由に挙げられる。もちろんコアとなる部分は不変であるが、最近経済学の領域の広がりが著しい。近年の行動経済学の隆盛など好例である。さらに神経経済学など経済学の前に○○つければ大体経済学の俎上に乗ってしまう。おもしろい例を挙げると、シカの角の大きさをゲーム理論の枠組みで考察することもできる。シカの角の考察が経済学だといわれてもにわかに信じられないだろう。”為替”と”シカの角”、これらを包括しうるのが経済学である。領域が不鮮明なので枠でとらえることができない。私も十数冊経済学の教科書を読んできたがついぞ経済学に納得のいく定義を与えたものはなかった。

 ではどのように定義したらよいだろうか。ある研究者がゲーム理論を数理社会学であると言っているのをネットで目にしたことがある。数理社会学という定義が自分的に一番しっくり来た。

 ”学問の経済学”にも”ヤバい経済学”にも”オイコノミア”にもいわゆる経済論評みたいな内容ではないが経済学として成り立つのである。そして、こういった社会学的側面こそ経済学のおもしろいところでもある。経済学といわれても身構えることなく楽しさをあじわっていただけたらと思う。