類似性と同一性

 大学入試の題材となる国語の文章は総じて良作であることが多い。特にセンター試験の小説は素晴らしいと思う。表面を掬うのみでは勘違いを生み、その勘違いのせいで総崩れで点数を落とすことを経験した受験者も多いだろう。何を隠そう私にも覚えがある。20分程度で主題や心情を正確に把握し、正確に解答することは世間から思われているよりはるかに難しいと思う。

 閑話休題。今日はそんな入試の国語から印象に残った評論文について書いていこうと思う。問題を解いたのはだいぶ前のことであるので出典はおろか問題が出された大学すらも思い出せないが、以下のような内容であったと記憶している。

 ”同じ”という言葉には実はふたつの意味がある。これを殺人事件で使われた凶器のナイフを例にとって考える。調査の結果そのナイフは近所のホームセンターで購入されたものであると判明したとする。ここで問題なのだが、ホームセンターで同じナイフを入手することはできるだろうか。YesともNoともいえる。Yesの意味としては同じ型のナイフの在庫を問い合わせれば同じナイフを手にすることは道理である。一方殺人に使われたナイフはこの世で一本しかないわけで、ホームセンターで入手することは不可能である。この問いによって”同じ”という言葉のもつ二面性が鮮やかに浮かび上がってくる。それが本記事の題名にもなっている類似性と同一性という問題である。ナイフの例では前者が類似性、後者が同一性に相当する。

 だからどうした、と思われるかもしれないが、これがなかなかの問題なのである。その文章ではクローンの例が出されていた。自分が大事にしていたペットが死に、死骸の細胞を用いてクローンを生成できるとしよう。そうして生まれた犬は果たして前の犬と同じなのであろうか。ここまで読み進めてきた方ならもうお分かりであろう。つまり、類似性の観点からは全く同じであるが、同一性の意味では全く別物である。また、クローン犬を同一性の意味で同じに扱うことはどちらの犬の尊厳を傷つけていることになるのではないか。ここで犬ではなく愛する恋人であるケースだとどうだろうか。同じものを期待してクローンを生成することは亡くなった恋人への冒涜である。さらに、クローンに限らず例えば前の恋人と似ている人を求める行為は、本人の中では同一性を満たしているつもりかもしれないが結局は類似なものにすぎないのである。

 同一性と類似性の話からはさまざまな示唆を引き出すことができるが、特に私の場合は他人に(全く異なる第三者と)似ているから付き合う、似てないから付き合わないという考えを意識して排除するようになった。結局人がその人たる構成要素(アイデンティティ)があるとして、似る似てないという問題は、その構成要素の一部分を拡大解釈してあてはめ、他の要素を排除しているだけではないのだろうか。排除された要素こそ、その人のアイデンティティの根幹を担っているのではないだろうか。そのように考えると最早類似同一の問題を超えて、他人を認識するという問題にも関わっていることに気が付く。自分は、相対する人の一面しか見ておらず、本当の彼(彼女)を知らないのではないか。云々…

 5年近くも前に30分だけ接した文章が未だに私に示唆を与えてくれる。